名古屋の印象アップイメージコンサルタントが、顔型診断・骨格診断・パーソナルカラー診断・ショッピング同行の様子をお伝えします。

【色の見え方の不思議】赤ら顔が気になる人、黄色やオレンジより紫がおすすめの理由!

こんにちは。

名古屋の
印象アップイメージコンサルタント
曽羽やよいです。

 

赤ら顔でお悩みの方、黄色やオレンジを着ると顔の赤みが目立ちませんか?

実は「色の対比」という、ある色を見るときに周りの色の影響を受けて、本来の色と違った見え方をする現象があります。「明度対比」「色相対比」「彩度対比」というものがありますが、
「赤ら顔」の方は「色相対比」をうまく利用すると「赤ら顔」に見えなくなります。

簡単に言ってしまうと、黄色やオレンジよりも紫がおすすめです。

↑肌色に黄色の服だと赤みがでる場合

手作り感満載の色見本ですみません。がなんとなくおわかりでしょうか?お肌の色は下の色相環でいうところの、一番上の黄色あたりから左周りのオレンジ系ピンク系あたりまでに該当します。↑のあたりの色を薄めて作っているのが肌色です。

この場合ですと、洋服の黄色を着ることにより、「色相対比」が働いて、この矢印の肌色は、黄色と反対側の左回りの色に移動します。(移動して見えます)つまり、本来の色味より見え方として、赤が強くなるというわけです。

黄色を着て、赤ら顔になるなと感じるかたは、紫を着ると、上の色相環でみるところの矢印の方向から紫のある方向と反対側へと対比しますので、肌色は青っぽく(黄緑っぽく)見えるというわけです。

↑紫色の服だと肌の赤みが軽減されます。

 

ちなみに、上の2つの肌色もまったく同色ですが、黄緑をベースにした方が、肌色は赤よりに、赤をベースにした方が肌色が黄色よりへと移動して見えます。

このような色相対比を利用して、普段顔色が悪い人は、血色よく見えるように、ご自分の肌の色より少し右回りにある色を、赤ら顔の人は青白く見えるように左周りにある色を選ぶと、肌色に赤みが増したり、青みが増して見えることにより欠点をカバーすることができます。ぜひお試しください!!

本日は「色相対比」を少しご紹介いたしました。

このように、色は組み合わせいろいろな使い方ができます。

色について具体的に学びたい方は、

 

「パーソナルデザインアドバイザー3級」の講座がおすすめです。

3級では、色の知識や、パーソナルカラーについての知識を、しっかりと習得します。

5月21日(日)朝10時から夕方5時までの6時間 学んでみませんか? (定員4名であと1名様のみ空きがございます。)

登録手続きやテキストの手配の関係上、お申込みは5月14日(日)までの受付とさせていただいております。

詳しい内容やお申込み、お問合せはHPよりお願いします。

http://www.happycoordi.com/info/personaldesign_adviser_license_3/

 

名古屋市東区のHappy coordinateでは、

印象アップ塾・顔型診断・骨格診断
パーソナルカラー診断・ショッピング同行
イメージコンサルティング
を行っています。

本日も名古屋の印象アップイメージコンサルタント
曽羽やよいのブログをご覧いただきありがとうございました。

 

このブログのトップページに戻る  サービス料金一覧へ  ホームページへ  お問い合わせ

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。