名古屋の印象アップイメージコンサルタントが、顔型診断・骨格診断・パーソナルカラー診断・ショッピング同行の様子をお伝えします。

【補色とは・・・】手術着の色が緑の理由とは・・・。

こんにちは。

名古屋の
印象アップイメージコンサルタント
曽羽やよいです。

こんにちは。本日は色のお話の中でも「補色」というものについて書きたいと思います。

「補色」とは、ある一定の色をじっと見つめたあとに、残像として浮かび上がってくる色のことを言います。これは、色相環というもので見た場合、ちょうど反対色がうかびあがってくる現象になります。

赤に対しては緑、黄色に対しては紫がこの補色にあたります。

ためしに、赤色のものをずっと見続けた後、白い紙の上に目を移すと緑の残像が見え、黄色のものをずっと見続けた後は、紫の残像が見えるはずです。

このような、目と脳の働きにより、手術で血液(赤色)を多くみている手術医にとってはその赤の残像の緑が浮かび上がってくるのです。

残像が生じると、目が慣れるまで手元がはっきりと見えないため、緊急を要する処置が迅速にできなかったり、思わぬところを傷つけてしまったりといったミスに繋がりかねないのだとか。

そのような理由から、自然と、手術着や手術室は医師の目を撹乱させないように緑を基調としたものが多くなったそうです。

私たちの日常に置き換えると、着ている服の反対色(補色)が肌に映り込んでしまうということになりますので、あえてアクセントに補色を取り入れるということで、全体の配色がまとまり目にも落ち着くコーディネートとなりますね。

色の勉強をもっとしてみたい方、5月21日のパーソナルデザインアドバイザー3級の認定講座がおすすめです。3級はカラーを制覇し、カラーのプロになるカリキュラムとなっています。残席1名様となっておりますので、ご興味のあります方はお早目にご連絡ください。

詳しくは、HPよりご確認お願いいたします。

http://www.happycoordi.com/info/personaldesign_adviser_license_3/

名古屋市東区のHappy coordinateでは、

印象アップ塾・顔型診断・骨格診断
パーソナルカラー診断・ショッピング同行
イメージコンサルティング
を行っています。

本日も名古屋の印象アップイメージコンサルタント
曽羽やよいのブログをご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。